認知症サポーターキャラバンとは

認知症の人と家族への応援者である認知症サポーターを全国で養成し、認知症になっても安心して暮らせるまちを目指しています。
全国キャラバン・メイト連絡協議会では、都道府県、市区町村など自治体と全国規模の企業・団体等と協催で認知症サポーター養成講座の講師役(キャラバン・メイト)を養成します。養成されたキャラバン・メイトは自治体事務局等と協働して「認知症サポーター養成講座」を開催します。
現在のサポーター養成数等については「認知症サポーターの養成状況」をご覧ください。

「認知症サポーターキャラバン」のしくみ

「認知症サポーターキャラバン」のしくみ

キャラバンメイトとは

キャラバン・メイトは認知症サポーターを養成する「認知症サポーター養成講座」を開催し、講師役を務めていただく人です。キャラバン・メイトになるためには所定のキャラバン・メイト研修を受講し登録する必要があります。

キャラバン・メイト養成研修

キャラバン・メイトを養成するキャラバン・メイト養成研修です。概要は「研修内容」をご覧ください。

認知症サポーターとは

「認知症サポーター養成講座」を受けた人が「認知症サポーター」です。
とくに認知症サポーターにはなにかをとくべつにやってもらうものではありません。認知症を正しく理解してもらい、認知症の人や家族を温かく見守る応援者になってもらいます。そのうえで、自分のできる範囲で活動できればいいのです。たとえば、友人や家族にその知識を伝える、認知症になった人や家族の気持ちを理解するよう努める、隣人あるいは商店・交通機関等、まちで働く人として、できる範囲で手助けをする、など活動内容は人それぞれです。
また、サポーターのなかから地域のリーダーとして、まちづくりの担い手が育つことも期待されます。なお、認知症サポーターには認知症を支援する「目印」として、ブレスレット(オレンジリング)をつけてもらいます。この「オレンジリング」が連繋の「印」になるようなまちを目指します。

認知症サポーター講座

キャラバン・メイトと自治体等の事務局とが協働で行うものです。地域や職域・学校などで認知症の基礎知識について、またサポーターとして何ができるかなどについて学びます。サポーター講座の基本カリキュムや講座で必要なシート等については下記をダウンロードしてご利用ください。

自治体等の事務局の役割

それぞれの自治体では、地域において何人のサポーターが必要かを計画のうえ、メイトおよびサポーターを養成し、認知症になっても安心して暮らせるまちづくりに取り組むことが必要です。
そのため、メイト養成研修を受講しても、まったく活動しないといったことのないように実施回数の目安を設定しています。しかし、メイト一人では継続したサポーター講座の実施は難しく、市町村等の事務局からのバックアップが必要です。
全国キャラバン・メイト連絡協議会では相互の連携についても支援をしていきます。

研修では、認知症の基礎知識や認知症サポーター養成講座を地域へ展開していく方法について1日(6時間)研修を行います。

  認知症サポーター養成講座基準
「認知症サポーター養成講座基準」のダウンロード
  基本カリキュラム
「基本カリキュラム」のダウンロード
  認知症サポーター等養成事業の
実施について

(老計発第0712001号厚生労働省老健局計画課長通知)
<平成21年6月2日一部改正>
「認知症サポーター等養成事業の実施について」のダウンロード

ダウンロード

※提出の際はなるべくデータ入力し、メールで送付してください。
※市町村事務局(委託を含む)および独立型メイトの方は、すべて自治体用をお使い下さい。

自治体用
企業・団体用
広域(セミナー・シンポジウム)用
Get Adobe Reader

PDF書類をご覧頂くには、無償配布のAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、プラグインのダウンロードとインストールを 行ってください。

コンテンツ

  • 認知症サポーターキャラバンとは
  • キャラバンメイトについて
  • Q&A

このページの先頭へ