認知症サポーターキャラバン
トップページ新着情報認知症サポーターキャラバンとはサポーターの養成サポーターの養成状況自治体事務局報告会・活動報告グッズ・出版物事業報告書復習しよう!サポーター講座 認知症サポーターキャラバンパートナー企業・団体 地域ケア政策ネットワーク
お問い合わせリンク

平成22年度「認知症サポーターキャラバン報告会」を開催しました

平成23年2月20日(日) 13:00~17:30
in 砂防会館 別館シェーン・バッハ・サボー

「平成22年度 認知症サポーターキャラバン報告会」(主催:全国キャラバン・メイト連絡協議会、後援:厚生労働省)を去る平成23年2月20日(日)に開催いたしました。
認知症サポーターは、平成21年度に100万人達成。平成22年度(平成23年1月末日統計)には230万人に達成しました。

●先駆的取り組みを行う自治体・企業への表彰、活動報告
当日は、認知症サポーターキャラバンの功労者(全国キャラバン・メイト連絡協議会、推進委員会選考)へ感謝状が贈呈されました。
表彰者:静岡県富士宮市、秋田県羽後町、住友生命保険相互会社

この後、キャラバン・メイトのスキルアップ研修で使用の「生活支援アンケート」の活用状況について、栃木県真岡市、JAはが野福祉センターから報告をしていただきました。

●【リレートークとシンポジウム】認知症のために必要な医療とは何か
つづいて行われたシンポジウムでは、「認知症のために必要な医療とは何か~認知症の医療に入院はどれだけ必要か」というテーマで、社会福祉法人ロザリオの聖母会 海上寮療養所副院長 上野秀樹氏、敦賀温泉病院院長 玉井 顯氏、社会医療法人杏嶺会いまいせ心療センター認知症センターいまいせ センター長 水野 裕氏によるリレートークが行われました。

認知症サポーター 230万人突破!

news06_01news06_02news06_03news06_04
news06_05

更新:2011/2/20

©Copyright 特定非営利活動法人地域ケア政策ネットワーク All rights reserved.